海外の就職で有利な資格

海外就職する際に、有利になる資格とは?これは持っておいた方が良いと思われる資格とは。 - 海外の就職で有利な資格

海外の就職で有利な資格

gsrgea
海外で働いてみたいという夢を持っている人は、少なからずいるのではないかと思います。
どこの国で、何をして働くかというのは個人によって異なりますが、海外の就職の仕方、就職で有利になる資格についてお話したいと思います。

採用方法は大きく分けて2つ

海外で就職する方法は、大きく分けて2つあります。
日本の会社に雇用されて海外に派遣されるか、自分の就職したい国に行って直接その国の会社に雇用されるかです。
この2つには法の下での大きな違いがあります。
日本の会社で雇用されれば、雇用契約が日本の法律に準ずることになりますが、現地の会社に雇用されるのならば、その国の法に沿うことになります。
最低賃金、税金などの基本的なところから大きな違いがありますので、採用試験を受ける前に、しっかりとリサーチしたほうが良いでしょう。
現地に行って採用を目指すというのは難しいように感じますが、現地にも日本人を対象した就職エージェントがあります。
そういった会社を利用してみるのも1つの手です。

履歴書について

jtdyyjtjy採用試験に当たり、用意しなくてはいけないのは履歴書です。
職務経歴書と合わせて提出することが多いです。
日本の会社の採用試験の場合は、文具店などで売ってる履歴書、職務経歴書を使用することが出来ますが、海外の会社に申し込む場合は異なります。
海外の会社へ送る履歴書等はパソコンで作ることを前提とされ、フォーマットも日本と若干異なります。
かなり細かく書く必要があり、使用言語は英語となることが多いので、十分なリサーチが必要です。

資格の欄

海外で働くのならば、語学系の資格は必須で、英語がある程度話せるのは最低条件になります。
日本の会社を受けるのであれば、英検が通用しますが、現地の会社を受ける場合はTOEIC、ILETSの点数を記入する必要があります。
TOEICは600点以上あるのが好ましいです。
日本人は単語力や文法力などペーパーテストで発揮できる能力は高いのですが、ヒアリングやスピーキング力は低いと言われています。
現地の人とコミュニケーションがスムーズにできるように、語学スキルを磨いて下さい。
もちろん英語だけでなく、他の語学が堪能ならばとても有利になります。

海外に通ずる資格

jtd語学のスキルとは別に、特別な資格を持っている方が採用は有利に進みます。
なりたい職種によって得るべき資格は異なりますが、貿易国際資格や日本語教師の資格などが有利です。
また最近海外で需要があるのは、美容師免許、調理免許などです。
特に日本人が多く住んでいる国に就職する場合、この2つの需要は高いです。
生まれ育った場所での感性と言うのは変えるのが難しく、現地に住んでいて馴染んだとしても、海外の流行を受け入れがたく感じる時があります。
海外在住の日本人の多くは、同じ日本人の美容師を好みますし、また味覚に関しても同じことが言えます。
世界では度々日本食ブームが起こっていることもあり、調理に関する資格は採用に役立つ可能性が大いにあります。

面接について

日本人は謙虚な心が根付いていますが、海外で就職したい場合は自信を持って、大きく出る方が良いでしょう。

今までの経験を話し、それを通じ身に付けた知識を仕事に役立てることを強調し、自分を採用して間違いはありません! と堂々とアピールして下さい。
自信がある人間が海外では好まれます。

海外で就職するための心得

どの国に行って、どんな仕事につくかは人によって希望は異なりますが、いずれにせよ十分なリサーチが必要となります。
海外では日本の常識は通用しませんし、現地のやり方に合わせなくてはいけません。
現地の政治状況や治安などについてもしっかりと調べ、受かったらいつでも現地に行って働ける! という心づもりで採用試験に臨んでみて下さい。
海外で働くことは、飛躍的なキャリアアップにも繋がると思います。
海外就職 – ビジネスの舞台は今、国境を超える! – 外資系求人・英語を使う転職・就職なら≪キャリアクロス≫
■https://www.careercross.com/job-search/speciality-10